<< 屋上菜園     空間のアクセント >>

柳瀬荘黄林閣の佇まい

ひっそりと佇む、たからものに出会いました。所沢市坂之下にある重要文化財の柳瀬荘黄林閣は、もともと東久留米市柳窪にあった庄屋村野家(本家)の主屋を松永安左エ門が譲り受けたと云われています。数寄屋風書院の斜月亭は黄林閣につなげて昭和13年から14年頃、建造されました。
e0264942_11354134.jpg
久木庵(きゅうぼくあん)は、もと茶人土岐二三の所有で、宗旦好みの二畳台目、斜月亭から渡り廊下で繋がっています。
e0264942_11433129.jpg
e0264942_11453712.jpg
e0264942_11465842.jpg
(鈴木久子)

[PR]

by jogikai | 2017-04-28 13:23 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://jogikai.exblog.jp/tb/25730861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 屋上菜園     空間のアクセント >>