カテゴリ:出す・しまう( 5 )

 

水切りかご考

自分で設計したキッチンを使いはじめて8年になります。
機器類、シンク、カウンター、収納部など、少々の「こうすればよかったな~」はあるものの、概ね使い勝手よくいい付合いをしています。

これまで、引出しの内容物入れ替えや、新たに加わった家電品や調理器具の置き場確保など、小さな模様替えを繰り返して今に至っています。
食器洗いスポンジをいろいろ試してみたり、あまり使わない鍋に見切りを付けたり、なんていうのもあり、調理そのもの以外に、キッチンを自分流にカスタマイズしていくのも楽しいキッチンライフの一つです。

さて近頃気になっていたのが、シンク横の水切りかご。
食器洗いは洗浄機をメインにしているのですが、機械に入れられない材質のものや、使ったら洗ってしまわないと邪魔な調理道具、少量の食器などはやはり手洗いする必要があります。そのためにステンレス製の水切りかごを置いていたのですが、いつも何か食器が載ったままで雑然としているのが残念な感じでした。
e0264942_12351776.jpg

























そしてこのステンレスかご、汚れにくいと評判のクロス部分の少ない製品を選んだのですが、、、やはり水垢は付くのです。e0264942_12401324.jpg



























メーカーのサイトをみると、毎日のお手入れが大切とのことで、一日に一度清潔な布巾で全体を拭きましょう。特に下側は水垢が付きやすいので念入りに、とのこと。
これをやってこなかったので、水垢は布巾で拭いた程度では取れなくなっていました(トホホ)。
水を受け流すプレートも、放っておくとぬめりが出てくるので、洗い流さなくてはならないのですが、大きいので水は飛び跳ねるし、ガチャガチャ大げさな音を立てるしで、ついつい放置してしまうのです。

そして、この汚れたかごに洗った食器を置くのもどうなんだ?!との思いも湧いてきて、水切りかごを置かないことにチャレンジすることにしました。

食器は洗ったらすぐに拭く、と決意しました。
洗ったら布巾に食器を並べ、続けて拭いて仕舞うを流れで行う。
e0264942_12401300.jpg

























習慣づいてしまえばそう苦ではなく、いつもシンク横はすっきり何もなく。

のはずだったのですが、家族には不評でした。
「コップを洗うたびに布巾を用意するのは面倒」
「しばらく水を切ってから片づける方が合理的」
「食器の量が多いときに平置きすると崩れる」
などなど。

話し合いの結果、私一人が使うキッチンではないので皆の意見を入れ、水切りかごは復活することとなりました。

ただし前の経験を生かし、ステンレス製は選ばないことに。
ステンレス自体の質感は好きですが、水切りかごの場合清潔に保つのには手がかかり、ズボラな私には不向きです。

もう一点、サイズの大きなものもNGです。
洗った食器を溜めすぎてしまう、カゴを洗うのに取り回しが大変、しまえない、が理由です。

基本的には耐久性がないので樹脂製品はあまり好まないのですが、今回はプラスチック製にすることに。
e0264942_12401467.jpg


























底面がネット状や穴あき状ではなく、リブになっている形状の製品です。
水を下に落としトレーで受けるという発想でなく、食器から垂れた水は傾斜する底面で受けてシンクへどんどん流してしまう、といったつくりです。
e0264942_12401452.jpg


























リブにより食器は縦置きでき、何より、汚れの付きやすい「小口」が少なく、面で出来ているので洗い易いのが魅力です。
前のカゴの半分の大きさなので、調理時の作業面が増えたのも利点でした。

普段はこのように立てて隅に寄せておき、誰かが使う際にセットするのも手軽です。
e0264942_12355886.jpg

























今のところ家族の評判も上々で、当面この方法で行ってみようと思います。

水切りかごに限らず、気になっていることがあればちゃんと考えて見直してみる。
その積み重ねで「使って楽し、見ても楽し」の我が家のキッチンに近づいていくことでしょう。

勝見紀子/一級建築士







[PR]

by jogikai | 2017-09-16 14:37 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)  

写真収納とアルバム作り

収納は家を考える上でとても大きな問題ですが、建築や収納のプロでもざっくりしたことは言えても個人のかゆいところまでは手がとどかないものです。さてそんな中でも一番やっかいなのが思い出の写真の収納。皆さんはどうしていますか?

私は子供が生まれると同時に写真が激増し、さらにデジカメ時代になりたくさん撮ってカメラやパソコンに入れっぱなし状態。これはまずいと抜本的な対策にのりだしました。

まず写真をお店でL版にプリントアウトしてもらいました。
それをイベントやエピソードごとにビニール袋に分けてタイトルと日付と写っている人の名前を書き込みました。
e0264942_10113288.jpg

コンテナに日付順に入れました。コンテナは10年間で4箱目になっています。
e0264942_9544591.jpg

ここまでやっておけば何年放っておいても写真は探し出せます。私は子供が小さくて心のゆとりがないうちは何年もこのままでした。

そしてアルバムを作りたい!という気持ちが1年ほど前にやっと生まれてきました。
でも普通の写真アルバムはサイズがイレギュラーで値段も高いし書き込みがしにくいタイプが多いです。そこでA4コピー用紙に写真を3枚貼ってクリヤーファイルに入れていく方式にしました。

はじめに作ったのは1ページ1か月ごとの家族アルバム。
そこからはみ出した、いろいろ写真集もつくりました。
大きな旅行をしたときは旅行写真集。記念の入場券など貼ったり旅程や地図も入れました。
ページの使い方は縦横自由にすると写真がストレスなく貼れます。(これは横使いです。)
e0264942_957284.jpg

注文でフォトアルバムを作れる時代にとてもアナログな方法ですが、なかなか楽しいです。

アルバムはなるべく厳選した写真をコメントつきで残すことが大事だなとつくづく思います。
何年かたつと記憶ってほんとうにあやふやになるものですね。
                                              戸川理子
[PR]

by jogikai | 2013-08-02 10:47 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)  

収納力

d0267149_1291069.jpgd0267149_11265533.jpgd0267149_11271970.jpg

d0267149_11274123.jpg

























収納。。
住宅や生活を考えるときに大事な要素であることは
間違いありません。
収納に関する本もたくさん出ていて、スペシャリストの方も
たくさんいらっしゃいますよね。
もちろんある程度の容量を確保しなければいけないということは
あるのですが、でも収納スペースをたくさんとったからといって
スッキリと住めるということにはなりません・・・でした。

たくさんスペースがあると、要らないけどいつか使うかも、一応。。。
というものがどんどん増えてくる。
キャパいっぱいになるまでの時間稼ぎになるだけ。
その都度これは本当に必要かそうでないのかという判断をするのが
つらくて、一応。。となってしまうんですよね。
結果、膨大な量の不要なものを溜め込むことになってしまうので
最近は収納スペースはある程度絞った方がいいのではと
思ったりします。
こまごまと収納グッズを買い込んでいかに小さな面積のスペースに
物を詰め込むか、みたいな提案も雑誌で目にしたりしますが
これはあまり意味がないような。。。気がします。。。
多分多くの方がわかっていらっしゃることだと思うのですが、
やはり必要・不要をシビアに判断し、
物を増やさないということしかないと思います。
最近は「断捨離」という言葉もよく目にしますが。

以前に裂き織り作家の梅原和香さんのお宅を雑誌で拝見したのですが
収納の技術というよりセンスがやはりすごいなあと思いました。
何が必要なのかとか物のよさを見極める目とか何が本当の贅沢なのかとか。
とにかくクローゼットも食器棚の棚もスカスカでした。
クローゼットの棚はお店のように間を空けて洋服がたたんで置いてあり、
一目でどこに何があるかわかってとにかく美しいのです。
食器棚も器をあまり重ねずにやはり「間」をとってある。
器の素敵さが際立ち、うっとり眺めてしまう、という感じ。
多分、物を増やさない努力もされているでしょうし
この状態をキープするのはかなりの精神力が必要だと思います。
実際梅原さんもその雑誌の中で、人生の半分を整理に費やしている、
というようなコメントをされていたような気がします。

片付けの作業をしている時に感じるのですが、
片付ける・収納するというのは物を造る感覚と同じだと思います。
きれいにして素敵な空間を造りだす。
何か裁縫でもなんでも物を作っている時は完成形が楽しみで
それに向かって作業すると思うのですが、それと同じです。
片付いたとき、完成品がより魅力的に見えるように(労力対効果UP)
自分の本当に好きなもので周りは固めておこう。
クローゼットの中もたとえばハンガーは統一して、
美しく見えるようになると片付け甲斐がありますよね。
家を造る側も、納戸だからと収納量さえ確保できればと思いがちですが、
ここも気を使って造ると住まい手さんも自然に美しい収納ができそうです。

・・・と偉そうに言いましたが、、
ついついクリーニング屋さんのハンガーをそのまま使い
いつ使うかわからない紙袋や空き箱をストックし、
そして私はよく探し物をしている。。。(汗)
でも、でも?あまりにきれいすぎると和めないし~、と言い訳しつつ
気持ちがいいと思える程度に適度に整理整頓を心掛けたいですね。
年末の大掃除、がんばりましょう。。。


平間千恵子
[PR]

by jogikai | 2012-12-12 13:33 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)  

バルコニー活用法

マンション住まいですが、数年前に大幅なリフォームをしたわが家です。

その際東側の個室だった部分にキッチンを移しました。

そこは窓以外にエアコンの室外機置場として南北にそれぞれ小さなバルコニーがありました。

キッチンとしてからは、この二つのバルコニーを、もっと有効利用することにしました。
e0264942_7495451.jpg
正面窓の左が北バルコニー、右の障子戸が入っている部分が南バルコニーです。


北側の方は野菜類の保管場所として利用することに。

棚を置き、外には出ず、窓から出し入れする方法です。
e0264942_7501491.jpg

冷蔵庫には入れられないが、日が当たらず風通しのよい場所に保管したい物の置き場所には最適です。










一方、南側の方は北側より少し広く、出られる大きさで日当たりも良好です。

紫外線殺菌のため布巾やまな板を干すのに便利な位置関係で、億劫にならず行えます。

魚の干物を自家製するときや、ドライトマトや干しキノコ作りでは、食品天日干しネットをこんな風に吊るしておける場所でもあります。
e0264942_7503641.jpg
















時には燻製づくりも。
e0264942_7504410.jpge0264942_7505497.jpg
専用の装置のない我が家ではダンボール箱を使ってスモーキング。



























このように、キッチン近くに屋外や半屋外となるスペースがあるのはとても便利です。

特にいろんな食品を手作りしたいむきには、欠かせないかも。

戸建住宅でも勝手口のない住まいが増えていますが、再考してみてほしいものです。

わが家の例にもあるように、マンションでも室外機置場やリビングバルコニーを利用すればそれが可能です。

リフォーム際にはぜひ取り入れてみてください。

勝見紀子
[PR]

by jogikai | 2012-10-03 08:17 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)  

ぶらさがり健康法

 ここ数日猛暑が続いています。ニュースでは毎日のように健康監理が取りあげられていますね。
人はなんと言っても健康であることが第一です。

 30年ぐらい前になるでしょうか?「ぶらさがり健康法」というのがブームになって、室内鉄棒のような健康器具がはやりましたね。

一時のはやりにおどらされて購入したものの、いつのまにか納戸の奥に追いやられたり、洋服掛にしてしまった方も多いのではないでしょうか。 

健康器具は粗大ゴミとなってしまっても、「ぶらさがり健康法」というものは健康に良いので残したいものです。

我が家にはトイレ前の3尺の廊下に2.1mの高さで24φの鉄パイプが取付けてあります。
e0264942_15162116.jpg



廊下なので、いつでも誰でも通りがかりに、ぶらさがれるようになっています。
思いついた時にエイッ!と飛びついて30秒ぐらいブラブラするだけです。
自分の体重を支えてぶらさがるだけのことなのに、[ストレッチ効果で肩とか内蔵が気持ち良くなります。
背骨の関節が伸ばされると血の巡りも良くなってきますし、当然握力も強くなります。

大げさな器具は出すのもしまうのも面倒ですし、結局は邪魔物になる可能性がありますが、廊下の高さに合った2.1mの鉄棒は日々の暮らしに邪魔にもならず見た目にも気になりません。

3尺の柱間で通路になっているような場所ならどこでもOKです。
鉄棒の高さは身長で決めますが、我が家は夫の身長に合わせて2.1mにしました。

材料はホームセンターで買えるものばかりです。
ビスは長め(35㎜以上)にして、頑丈に取付けることがポイントです。

そして床に平行に取付けること。
当たり前だけど、素人だとこれが意外にむずかしいんです。

住まいを新築する方は、はじめから大工さんに付けてもらっておくのもいいでしょう。

e0264942_15144216.jpg


柱があるところに24㎜の鉄パイプを受金物でがっちり止め
                         





大平幸子
[PR]

by jogikai | 2012-07-28 01:20 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)