カテゴリ:学ぶ・遊ぶ( 4 )

 

空間のアクセント

ステンドグラスの教室に通い始めました。
e0264942_20025570.jpg
e0264942_20390237.jpg



きっかけは設計した保育園のエントランスに、建物のオーナーがプレゼントしたことからでした。
e0264942_19480638.jpg
e0264942_20373321.jpg
その後、そのステンドグラス工房と何回か仕事をし、教室があることを知り通っています。
夢中で制作している時間は、他のことを考えない貴重な時間です。
そういう時間て必要ですよね!
e0264942_19593000.jpg
以前はタイルメーカーで取り扱っているベネチアンガラスを間仕切壁にはめ込んで空間のアクセントとしていました。
明かり取りとして、またなんとなく気配を感じ合える素敵なガラスです。
イタリアのムラノ島からの輸入品ですが、だんだん品数が少なくなり、
「これは自分でガラスを作らなきゃ」と思い立ったのももう一つの理由。

e0264942_20473265.png
いつか私が作った作品を設計している物件にプレゼントできればと思っています。



[PR]

by jogikai | 2017-04-01 20:52 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)  

私の好きな風景

今まで撮った写真データを見直してみました。建築の写真中心なのは職業柄、自然と云えます。花を撮っている画像が予想外に多いのに驚きました。(しかも)白い花が圧倒的多数でした。きっと私は
白い花が好きなのでしょう。
e0264942_1345283.jpg


8月末、或るセミナーの会場として訪れた横浜「三渓園の三重塔+池」です。
e0264942_13515053.jpg


沿道にある睡蓮の花が美しい・・・
e0264942_13563028.jpg


原三渓さんは臨春閣の配置計画に10年の歳月をかけたと云われています。その苦労の甲斐あって、雁行する臨春閣の内側の何処から眺めても三重塔等、庭園の全てが美しく趣きある景色に見えるのに驚嘆させられました。
e0264942_144393.jpg


9月末、女性建築技術者の会で武藤章さん設計の『タテシナクラブ山荘』に見学合宿しました。(次号『定木』参照)往路、寄り道した「茂田井宿」のまち並みです。
e0264942_1411390.jpg


水路に映えるこぼれんばかりの白萩の優雅さ・・・水路の大部分に不粋な手摺りが少ないので感激しました。転落の危険性を自覚した配慮・申し合わせがきちんと為されているのだと思います。
e0264942_14204854.jpg


私はマンション住まいですがバルコニーは「葉物のプランター」でいっぱいです。実生の梨は気まぐれで花が咲いたり、咲かなかったりです。
e0264942_14255178.jpg


咲いてくれた年には、事務所の打合せコーナーを華やかにしてくれます。
花も緑も人間が生きてゆく環境にはなくてはならない存在だと思います。
鈴木久子
[PR]

by jogikai | 2015-10-01 14:35 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)  

景色のおすそ分け

e0264942_3331661.jpg
10年に一度といわれる大型の台風が通過していきました。地元、さいたまでも床下浸水などありましたが、大きな被害に遭われた地域もあり、多くの方がまだ行方不明だったり自然界の怖さを感じました。
亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

我が家も今回の台風で初めて雨漏りを発見しました。
いつもとは違う北西からの強風で破風下から吹きあげた雨水が壁面に入ったことを確認しました。
築38年、大体、私と同じくらい経った住まいは父がオイルショックの時代に地元の工務店に間取りだけ描いて依頼した木造2階建て。自己診断などで色々と補強するべきところはわかっているものの、自分の住まいは後回しになっています。

10月半ばというのに、夏日のように暑かったりする日もあり、地球温暖化の影響でしょうか。
少しずつ気候などが変わることで、住まいの作り方も考えなくてはいけないところに来ていると思います。
軒の出が少なく、大きく開口した窓からの陽射しが暑くて夏場、家の中に居られないというご相談も今年は受けました。

先日の連休には月に一度は山登りに付き合うという約束もあり、谷川岳に行って参りましたが、山の上も昨年よりも暖かく、紅葉もまばら。実のなる植物は葉が落ちていました。
谷川岳は標高2,000M近くある百名山です。谷川のSAは谷川岳の雪解け水を飲料水にしているとお聞きしました。水による災害も多い日本ですが、こうして綺麗な水資源が自然に多くある国はそう無いと思うと感謝しなくてはなりませんね。

e0264942_350274.jpgそれでも、山頂はさすがに涼しくて赤や黄色に染まった木々の葉もちらほら。
最近では、住まい自体に機能を持たせ室内環境を一定に保とうということで色々な設備などが出てきていますが<スマートハウスという言葉も聞いたことがある方も居らっしゃるかと思います>
本来でしたら、外の風の通り道を作り、自然の新鮮な空気を室内に循環させたほうが体にも良いとは思いますが、地域性もありますので。
私は、郊外の空気の良いところに出かけますと、喘息なども軽くなります。谷川岳山頂付近です。景色のおすそ分け、写真を通して山の風景を感じていただけますと幸いです。
e0264942_4153411.jpg

アトリエ きらら   小林輝子
[PR]

by jogikai | 2013-10-16 03:37 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)  

長持ちの秘訣

e0264942_13121358.jpg
愛用している革のバッグ。ショルダーになっているのが手を塞がず、実用性もあって気に入って居ます。
頻繁に使って居ますと愛着もわきますが、当然それと共にお手入れや補修が必要になって来ます。
写真ではわかり難いですが、仕事で使用することが多いので擦れたりしています。
e0264942_13211418.jpg最近では、街中にある都市型ホームセンターでも補修キッドが売って居ますのでちょっとした傷などは自分でも補修が出来るようになりました。大切な物を長く使い続けるには、小まめなお手入れが必要です。
住まいにも同じことが言えるでしょう。床をみがいたり、ホコリを取り除いたり、常日頃のお掃除を心がけながら、時々ワックスで床をコーティングしたり、壁の補修をキズの浅いうちにご自分達で出来ることはしておくというのが、住まいを長持ちさせる秘訣でもあります。
革製品に限らず、タイルのコーキング剤や床、壁の補修キッド、塗料なども売られて居ます皆さんも是非お試しください。
小林輝子
[PR]

by jogikai | 2013-01-29 13:26 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)