<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

軒の出

8月も残りわずか。
学生さん達も、夏休みも終わりですね。
梅雨明けからも、雨の日が続いて快晴だったという日が少なかったように思います。

22歳の老猫と72歳の母が居ますので、今年の夏は、外気温と湿度が高い時はエアコンをつけるようにしました。
我が家は、南東にリビングが向いて居ますので、朝は比較的早い時間帯から室内が明るくなります。
リビングの一部で西にも向いている部分は軒の出があります。深い軒は、陽射し避けになって居ます。

この週末に、
住宅遺産トラスト「中山邸(1983/宮脇檀)最後の見学会に行ってきました。
e0264942_19082623.jpg
ここでも、軒の果たす役割が大切なことを実感しました。
e0264942_23000868.jpg

e0264942_22582527.jpg
軒【庇】の出があれば、雨が直接壁などに当たったり、開口部から雨が進入するのを防いだり出来ます。
壁が雨だれ等を防ぐことができれば、材料も長持ちしますね。

軒を伸ばすことが難しい敷地事情もあるかと思いますが、内部は多少、コンパクトになっても軒を出せるくらいに敷地境界線からの距離を取った方が、風通しも良く、外壁なども傷み難くなりますので、家も長持ちするでしょうね。

e0264942_22551258.jpg

e0264942_22380249.jpg

最近、軒下が食事スペースになって居たりするカフェやレストランの写真を集めたりして居ます。軒が深ければ、シトシト降る雨の日も利用出来ますし、雨が落ちる様子も情緒があります。

窓から、どんな眺めが素晴らしいかは、人それぞれかと思いますが、軒先から、雨の雫が草花に滴り落ちる様子が私は好きです。

小林輝子/一級建築士


[PR]

by jogikai | 2017-08-27 18:12 | 暖かく・涼しく | Trackback | Comments(0)  

リノベ―ションで優しく

お隣で解体が始まりました。

軽量鉄骨の2階建てです。

ショベルカーでの解体は、隣地まで揺れます。地震のようです。

e0264942_20114053.jpg


e0264942_16052387.jpg
振動に不安を感じていたら、今春完成した保育所を思い出しました。

隣と同じ軽量鉄骨2階建てですが、壊さず、用途変更とリノベーションで保育所を造りました。

元は、老人ホームの陶芸教室でした。

老人ホーム2棟、保育園1棟が建つ敷地2700坪の一角に在ります。


外観や玄関戸・窓には手を付けず、アプローチだけを杉の無垢材で、保育所として必要な機能を加えました。

e0264942_16070982.jpg




e0264942_16082872.jpg


 ←古い万年塀は壊さず、

 

 ↓杉板の塀を手前に新設。

  (奥正面は老人ホーム)



e0264942_16104800.jpg

内部は、もちろん間仕切壁は撤去しましたが、床組や壁下地は再利用です。

e0264942_16115719.jpg

これは、乳幼児12名の小さな事業者内保育園です(地域住民も申し込めます)

新築の保育園は、土地・資金の確保や工期、住民の理解など、完成までハードルが高いですが、このような既存建物を利用した小さな保育所なら、騒音・振動や廃棄物量の面で環境に優しく、短期間で造れます。

リノベでの小さな保育所つくりは、首都圏の保育園不足の解消の一助となるのではないでしょうか。

加部千賀子/一級建築士


[PR]

by jogikai | 2017-08-15 20:33 | まちづくり(地域育て人育て) | Trackback | Comments(0)