人気ブログランキング | 話題のタグを見る

   

一枚のスケッチを読み解く
























1932(昭和7)年に世田谷区野沢に建設された本多忠次邸は、スパニッシュ様式を基調にチューダー様式を加味した瀟洒な洋館ですが、その後愛知県岡崎市に移築復原され、現在は「博物館旧本多忠次邸」として開館しています。

一枚のスケッチを読み解く_e0264942_19252614.jpg

*博物館【旧本多忠次邸】(岡崎市・2012年)


一枚のスケッチを読み解く_e0264942_19291907.jpg

*洋風のお茶室 家具は建て主デザインのアールデコ調


この邸宅建築の魅力は、建て主の本多忠次氏が設計をはじめ建設に関わるすべてを手掛け、思いが込められた住まいであることです。そのため本多邸には建物だけでなく、住まいの基本構想や建設過程に関する史料、GHQ(連合国軍総司令部)による住宅接収に関する史料など、貴重な史料が多数遺されていました。

私は、移築時に全ての史料を考察し論文にまとめましたが、一枚のスケッチだけがなぜ描かれたのかわかりませんでした。

そのスケッチは、「センター設計図 本多忠承」と題した忠次氏自らが作成した図面で、片流れの傾斜屋根を持つ、わずか20坪の平屋建ての店舗付き住宅が描かれたものでした。間取り図によると、角地に位置する店舗の脇に6畳と4畳半の続き間座敷を、奥に4畳半の和室を設け、北側の裏手に台所、便所、浴室を設置したコンパクトな住まいとなっていました。東南側に店舗と居室を設け、北側に水回りを配置した間取りは、日照、通風が考慮され、極めて使いやすいものであることがわかります。また外観の意匠は、1948(昭和23)年に坂倉準三が設計した高島屋和歌山支店の外観を参考にしたのではないかと想像が膨らみます。

一枚のスケッチを読み解く_e0264942_19320951.jpg

*高島屋和歌山支店(1948年)


数年後報告書を作成することになり、改めてこのスケッチを見直し、再度ご家族への聞き取り調査を行ないました。その結果スケッチに描かれた住まいは、第二次世界大戦後、忠次氏が自邸をGHQに接収された間に住んでいた、仮住まいであったことが判明しました。

一枚のスケッチを読み解く_e0264942_19300995.jpg

*本多忠次氏直筆図面「センター設計図 本多忠承」 岡崎市美術博物館所蔵


忠次氏は、自邸を接収されるにあたり、住まい建設の経緯と建物の価値を文書にまとめ、「建物に手を加えることは極力避けてもらいたい」という旨の手紙をGHQに提出し、建物の保護を求めました。それが功をなしてか本多邸に居住したのは、GHQの総司令官マッカーサーの顧問弁護士で、忠次氏の意向を尊重して大きな改造は行わなかったことが語り継がれています。

このように住まいへの思い入れが強かった忠次氏は、接収後も敷地内の片隅に小さな家を建て、自邸を見守り続けました。このスケッチはその仮住まいのもので、描かれた図面をもとに実際に建設されていたことがわかりました。なお忠次氏は、店舗経営を考えてはいたが実行せず、接収が解かれたのちは借家として貸し出していたそうです。

一枚の遺されたスケッチを根気よく読み解くことで、長きに渡る住まいの記録がもうひとつ明らかになりました。 


文・写真 杉山経子 博士(工学)建築歴史・意匠 
杉山経子建築+デザイン研究室


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、建築に関連する様々な仕事を持つ
  女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


# by jogikai | 2022-08-15 07:00 | 歴史的建築物 | Trackback | Comments(0)  

可変性をデザインする

大きなホールやホテルのロビーに、大理石の広いカウンターがあって、大きな造花を飾っているのをよく見かけます。

少し篭った位置にあるので、昔は公衆電話が置いてあったところなのだろう、と推察します。

電話は各個人が持ち歩くようになり、公衆電話は街でほとんど見かけなくなりました。

特にここ数年はコロナの影響、地球温暖化、急激な建築資材の物価上昇、などなど社会の目覚ましい変化を感じます。

生活様式が変わることで、住まいの形もずいぶん変わりました。

例えば、メディアはスマホで見るため、テレビが不要という方も。

オンラインショッピングをして購入したものを非対面で受け取れる宅配ボックスを設置。

家で落ち着いて仕事が出来るスペースを求められることも増えました。

住宅設計者は、家族が家と共に歳を重ねて暮らし方や家族構成が変わることもある程度想定して間取りを考えます。

現代はこれに加えて社会の変化も想像して設計することの難しさに直面しています。

しかし変化の目まぐるしい世の中だからこそ、普遍的なものの大切さが浮き彫りになっている側面もあると感じます。

私は住宅設計者として、今こそ「本当に暮らしに大切なこと」とは何なのか、考え直す時に来ていると思うのです。

可変性をデザインする_e0264942_16351765.jpg

「僕のウルトラマンを並べるところが欲しい」

幼稚園児の息子くんからの依頼で手すり壁に作ったニッチ棚。

将来は文庫本を入れられるサイズで作ってあります。これも可変性デザイン!


文・写真: 松山千晶 一級建築士事務所 ゆくり設計室
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


# by jogikai | 2022-08-01 08:00 | 住宅設計 | Trackback | Comments(0)  

町屋玄関の踏み石

ここのところ、京都の町にたびたび出かける機会を得ています。

歴史ある神社仏閣を訪ねては、そのスケール感や計算しつくされた美しさ、年月と贅をつぎ込んだ技術に、毎回圧倒されています。

一方、人々の住まいや商いの場として、平安時代から昭和まで進化を遂げながら、今も多く存在している京町屋も、京都を象徴する建築物です。

軒が連なるその街並みを歩くと、統一感のある素材や造形と、修繕が行き届き清潔に保たれたオモテが、この上なく風情のある通りをかたち作っていて、暮らす方々への敬意の念が芽生えてきます。

外から眺めるだけでも、そのつくりに様々な工夫が見て取れる町屋ですが、常々ヒントになるなあと注目しているのが、各戸の玄関前の小さなスペースです。

元々町屋は武家住宅や農家とは異なり、塀や門を持たず、商いを行うため通りに開いたつくりとしたのが始まりなので、道と玄関の間に「引き」がありません。「引きがない」とは、後退する空間的余裕がないということです。

そんな中でも、通りから一歩踏み込み、人ひとりが玄関戸の前に立つことができるスペースは確保されていて、そこには必ず一枚の踏み石が、床面に埋め込まれているのです。

町屋玄関の踏み石_e0264942_22271554.jpg
町屋玄関の踏み石_e0264942_22280890.jpg

十分なスペースは取れないけれど、この一枚の石が設えられていることで、一戸の家を構えていることの威厳を保とうとしているように見えます。同時に、ここに立つ人には、この先の個のスペースを訪れる心構えを持ってね、というような結界の役目を果たしているようにも見えます。門や塀のないこの小さなスペースの、空間の質をピシッと決めているエレメントです。

京町屋のような古い歴史を持つ地区ではないのですが、小さなゲストハウスのための改修を行う機会を得ました。

知り合った庭師さんが、古い建物の解体があると聞くたびに少しづつ集めてきたという踏み石を見せてくれました。

町屋玄関の踏み石_e0264942_22290819.jpg
この中の一枚をゲストハウスの玄関戸前に埋め込みました。

町屋玄関の踏み石_e0264942_22304603.jpg
モダンに生まれ変わった踏み石

狭小の住宅地では、京町屋と同じように門や広々としたポーチやアプローチを取るのは難しいものです。そんな中にあっても、通りにフレンドリーに開きつつプライベートな空間への緩やかな線引きができる方法を考えていきたいものです。

写真・文:勝見紀子 / 株式会社アトリエ・ヌック建築事務所

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ

# by jogikai | 2022-07-15 08:00 | 素材・仕上材 | Trackback | Comments(0)