人気ブログランキング | 話題のタグを見る

   

組子細工を建具に

木工の伝統技術である組子細工。
細かなパーツを組み合わせて多彩な文様を作り出します。

組子細工を建具に_e0264942_21203396.jpg

高度な技とセンスが求められる組子細工は、建具職人さんにとって一度は取り組んでみたい、究極の建具仕事のひとつです。

住まいに座敷がなくなった現代では用いられることは稀ですが、まだまだ各地でその技術が受け継がれているようです。
店舗や宿泊施設、公共の建物などで見かけるようになってきました。

設計した住まいで、二本の建具に取り入れる機会を得ました。

この住まいでは若い建て主さん夫婦が組子細工に興味を持ち、職人さんの指導の下、建具に嵌める組子パネルを自分たちで組み上げました。

それができたのは、組子を構成する一つ一つの部材の精度が高いゆえ。
職人さん曰く組子細工で重要なのは、素性の良い特別な木材を使って、バラツキの無い完璧な形のパーツに加工することなのだそうです。そのパーツを膨大な量使って組み上げるのが組子です。

組子細工を建具に_e0264942_21213153.jpg

組子の部材 専用の刃物を使い加工する

文様は、「桜」と「麻の葉」を市松に配置することに。
スタンダードな「麻の葉」の中心に部材を追加して花に見立てたのが「桜」です。

組子細工を建具に_e0264942_21222284.jpg

建主さん夫妻が組み上げた組子パネル


居間から洗面所に入る引戸が、建て主夫妻作の組子パネルを配したデザイン。
杉の柾目板の鏡板上に組子納めた框戸です。
60cm×30cmほどの大きさのパネルですが、組み上げるのに数日を要したとのこと。
上品な戸に仕上がり、愛着はひとしおだと思います。

組子細工を建具に_e0264942_21231320.jpg

一部使いでも存在感を放つ組子

玄関から居間に入る引戸は完全に職人さんの手によるもの。
全体が千本格子で、その一部が組子になっているデザインです。
組子の縦材がそのまま延長され縦格子になっているつくりで、高い技術が発揮されています。
組子・格子部分は桧材、框は杉の赤味柾目材です。

組子細工を建具に_e0264942_21240498.jpg
繊細な千本格子の中の、目線高さに組子。
組子細工を建具に_e0264942_21244165.jpg

逆光で見ると、レース織物にも見える透け感が美しい。


2本の美しい建具が空間の質を上げて、住み手の好みも表す存在になりました。

文・写真 勝見紀子/株式会社アトリエ・ヌック建築事務所


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ




# by jogikai | 2024-07-15 08:00 | 住宅設計 | Trackback | Comments(0)  

縁側を楽しむ

古い民家のリフォーム

6畳と8畳の畳の続き間を30㎜の杉板の縁甲板張りにし

間仕切りの建具をなくして大空間にしました。

縁側は1,2m程の幅だったのを2,0m程に広げ

くつろげるスペースとなりました。

縁側を楽しむ_e0264942_21415212.jpg

縁側から庭を望む

座敷の天井裏には使われていない謎の空間があり、

そこに洋室と1階を見下ろせる吹抜けを設けました。

冬場は、床下に暖かい空気を送って床暖房しているので

大空間も暖かく過ごせます。

縁側を楽しむ_e0264942_21415916.jpg

1階の続き間から吹抜けと2階洋室を見る

そして・・・

この家は夜景も楽しむことができる。

透明ガラスは暗い方から明るい方を見るとよく見える。

昼間は室内から外はよく見えるが、外からは見えにくい。

逆に夜は室内から外は見えにくいのに、外からはよく見える。

見えていると見られている気がして、透明ガラスを避ける人がいるが、

窓から外の緑が見えると心なごみます。

外からも見られていいように窓辺をしつらえたいものです。


縁側を楽しむ_e0264942_21420519.jpg

建物の夜景を楽しむ

文・写真:矢賀部雅子 一級建築士/アトリエRAUM一級建築士事務所


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


# by jogikai | 2024-07-01 08:00 | 住宅設計 | Trackback | Comments(0)  

子供部屋のカウンター

子供部屋のカウンター_e0264942_13574467.jpeg

写真1)2階子供部屋のカウンター

我が家の子供部屋です。息子が小学生になりまして、「そろそろ勉強机を」と思い、かねてより計画していたクローゼット、カウンター、本棚、収納棚を設置しました。

約2mの長さのカウンターは、大人と子どもが一緒に座ってもゆったりで、ノートパソコン(やタブレット)を開いたまま勉強もできますし、2人で別々に勉強しても邪魔になりません。

本棚は壁に取り付け、地震のときでも倒れてこないようにし、本棚を浮かせて取り付けてあるので、下の隙間にランドセルも置けます。ランドセルから宿題を取り出し、そのまま隣で宿題をすることも可能!(やるかどうかは別として)


子供部屋のカウンター_e0264942_13585202.jpg

写真2)本棚とランドセル

クローゼットは、オープンタイプとし、一番下は習い事のバック、中央のステンレスパイプには普段使う上着や帽子類、一番上はあまり使わないものを置きます。ステンレスパイプは可動の棚板に取り付けましたので、子どもの成長に合わせて低い所から高い所へ移動できます。成長と共に上着の丈も長くなるので将来を見据えての工夫です。

子供部屋のカウンター_e0264942_13594550.jpg

写真3)クローゼットと棚板


文: 赤木香菜子 / 一級建築士 写真:赤木裕子 / 一級建築士
設計:赤木Y&K設計室(リンク:http://yuko-akagi.com/)  

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


# by jogikai | 2024-06-15 14:03 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)