<< 地域で子どもを育てる     15分間睡眠枕 私も >>

障子の穴

ついこの間まで「暑い!暑い!」と言っていたのに、
気付けば今年もあと2ヶ月ですね・・・。
その事実に愕然としているナカムラです。

さて、我が家には家族室に障子があります。
先日、我が家の駄犬に「ごろん」をさせたところ
勢い余って、見事にその足が障子をずぼっと破りました。

・・・

ものぐさな私は張替えするほどの気力もなく、
そこだけ穴をふさごうと思いました。
障子紙をいろんな形に切って貼る・・・という昔ながらのやり方もありますが
今回は家にあった和紙で穴をふさぐことにしました。
e0264942_11595240.jpg


ついでに以前、ニンゲンが空けてしまった小さな穴も補修。
e0264942_12043.jpg


なかなか、いい感じになったと自画自賛。

そして、同じようなことを考えている方も他にいました。
15年前、設計を担当させていただいたSさん宅の障子です。
e0264942_120409.jpg


きれいな包装紙が貼ってありました。
旅の思い出にもなるとのこと。
こう見ると、包装紙もいいデザインのものがあるんですね。
おもしろい♪

障子というと張替えが面倒という理由で、採用を見送る方が多いですが
障子は空間を落ち着いた雰囲気にしてくれるだけでなく、
断熱効果も高い、優れた建具です。
毎年張り替えなくても大丈夫(※感じ方に個人差がありますw)
こんな風に自分なりに楽しんでみてはいかがですか?

(中村 聖子)
[PR]

by jogikai | 2012-11-10 12:26 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://jogikai.exblog.jp/tb/19186427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 地域で子どもを育てる     15分間睡眠枕 私も >>