人気ブログランキング |

<< 冬山登山     木の家 >>

野鳥

野鳥_e0264942_08480321.jpeg
1度目の緊急事態宣言以降、朝の散歩をロードバイクから徒歩にしました。高齢の母も運動不足になりますので、一緒に歩く日もあります。
朝、太陽が昇ってまもなく、白鷺の群れが川に降り立ちます。白鷺は群れで行動することは無いので、この光景は珍しいかと思います。
野鳥_e0264942_08525155.jpeg
よ〜く、目を凝らしてみると、青鷺も。
白鷺は幸運をもたらす鳥とされていますね。羽ばたく姿を見ると幸せになるとか。
1200年の歴史ある栃木県の「白鷺神社」では、白鷺は神の使いとして祀られています。疫病が流行り、人々が苦しんでいた時に疫病退散を願い、建立された神社です。

新型コロナウイルスが蔓延の一途を辿っていますが、早く終息しますように。

野鳥_e0264942_08594131.jpeg
この辺りは、見沼田圃が広がっている区域ですが、外環道の高架橋下は、だいぶ前からビオトープを形成されています。私が、小学校時代からの取り組みで、蛍再生ということで、源氏蛍を育てることから始まりましたが、それには、小川などを綺麗な清流に戻さなければなりません。

市のほうでも、そうした取り組みが広がって、源氏蛍再生が実現した頃には、色々な生物が戻ってきました。
白鷺が食べるのは小魚。白鷺が居れば、同じものを補食としているカワセミも居ます。
野鳥_e0264942_09035177.jpeg
カワセミは動きがすばしっこくって、撮るのはなかなか難しい。青い宝石と言われるように光の反射で、コバルトブルーに輝きます。
自然の風景と自然の生き物。
普段は目を向けない部分ですが、こうした風景は飽きずに癒されます。
また、都市を形成する時にも、適度な緑化が街の防災計画に有効だったりします。災害が起きた際の避難場所や高木の木々は防風林になったり、寒さ避けや暑さを凌げる場となります。

アトリエきらら一級建築士事務所
小林 輝子

by jogikai | 2021-01-14 08:47 | 育てる(ひと・動物・植物) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://jogikai.exblog.jp/tb/29371325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬山登山     木の家 >>