人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<< 縁側を楽しむ     「台北 榕錦時光生活園區」 台... >>

子供部屋のカウンター

子供部屋のカウンター_e0264942_13574467.jpeg

写真1)2階子供部屋のカウンター

我が家の子供部屋です。息子が小学生になりまして、「そろそろ勉強机を」と思い、かねてより計画していたクローゼット、カウンター、本棚、収納棚を設置しました。

約2mの長さのカウンターは、大人と子どもが一緒に座ってもゆったりで、ノートパソコン(やタブレット)を開いたまま勉強もできますし、2人で別々に勉強しても邪魔になりません。

本棚は壁に取り付け、地震のときでも倒れてこないようにし、本棚を浮かせて取り付けてあるので、下の隙間にランドセルも置けます。ランドセルから宿題を取り出し、そのまま隣で宿題をすることも可能!(やるかどうかは別として)


子供部屋のカウンター_e0264942_13585202.jpg

写真2)本棚とランドセル

クローゼットは、オープンタイプとし、一番下は習い事のバック、中央のステンレスパイプには普段使う上着や帽子類、一番上はあまり使わないものを置きます。ステンレスパイプは可動の棚板に取り付けましたので、子どもの成長に合わせて低い所から高い所へ移動できます。成長と共に上着の丈も長くなるので将来を見据えての工夫です。

子供部屋のカウンター_e0264942_13594550.jpg

写真3)クローゼットと棚板


文: 赤木香菜子 / 一級建築士 写真:赤木裕子 / 一級建築士
設計:赤木Y&K設計室(リンク:http://yuko-akagi.com/)  

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


by jogikai | 2024-06-15 14:03 | 学ぶ・遊ぶ | Trackback | Comments(0)  

<< 縁側を楽しむ     「台北 榕錦時光生活園區」 台... >>