人気ブログランキング | 話題のタグを見る

   

「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール


「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18454775.jpg

台湾の「日式建築」のリノベーションを見に行ってきました。

「日式建築」とは日本統治時代(1895年~1945年)の50年間に建てられた建築群の内、意匠的・技術的に日本をルーツとする近代建築群です。

当初 負の遺産として捉えられていた建築物ですが、中国本土の様式のレンガ造ではなく、「木造の建築はおしゃれな雰囲気、懐かしく感じる」などの評価が変わり、2000年にリベラルな政党が政権につくと、日式建築の再評価、保存、再生の動きが加速しました。

台北の「崋山1914文化創意産業区」(酒の工場のリノベ)など民間資金による文化発信基地としてのリノベーションが進んでいます。

市民による保存の動きを文化資産保存法が強力に後押ししていて、「所有者が取り壊そうとしても、文化的価値が認められれば、周辺住民がストップをかけられる。」という制度があり、「保存・再生の分野では日本より20年先を行っている。」と評価されている。


今回、紹介するのは20229月にオープンした「榕錦時光生活園區」です。

台北市が推し進める「古民家文化運動計画」の一環で、元々「台北刑務所官舍」であった金華街一体を、民間と協力し合い3年以上の歳月と2億元を投入して文化資産の修復と再生を遂げたスポットです。

木造の家屋を上手にリノベし、コーヒーショップ、ベーカリー、ペットショップなど人気の店舗15店を集めたモールなので、若い人たちに「おしゃれ」と人気なのです。

実際、行った時も来場者は若い人がほとんどで、浴衣を貸してくれる店などもあり、人気のフォトスポットでした。

また、刑務所の塀も一部残されていて、文化財として指定古積に登録されているのです。

窓の格子や、庭の石組など、昭和の日本住宅の雰囲気を残しています。

暗い歴史のため、長年放置されていた建築物を再生し、明るい地域にしたことで、台湾の公共建築部門の金賞を得ています。

とても、不思議な空間でした。

※台湾日式建築紀行 渡邉義孝著 から抜粋加筆

「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18455934.jpg
榕錦時光生活園  道路側 テイクアウトのコーヒーショップ
「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18461430.jpg
榕錦時光生活園 塀の一部を史跡として残す旧刑務所側
「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18462139.jpg
旧官舎の裏側の和風の庭
「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18462894.jpg
新しく建てられた人気のベーグル屋
「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18463571.jpg
旧刑務所入り口とリノベされた旧官舎

「台北 榕錦時光生活園區」 台湾の日式建築のリノベーション・モール_e0264942_18464265.png
榕錦時光生活園 全体平面図 台北市HPより

文•写真 山本典子


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。

 女技会のホームページは→コチラ

# by jogikai | 2024-06-01 08:00 | 散歩・旅行 | Trackback | Comments(0)  

玉川上水を自転車で

玉川上水を自転車で_e0264942_23103051.jpg

家の近くには玉川上水が流れています。
玉川上水は江戸時代に江戸城下の飲料水を供給するために玉川兄弟が工事をした40キロにもおよぶ水路です。太宰治が入水自殺したことでも知られていますが、昔は水量の多い危ない水路だったそうです。近年は水量を落としているので事故などの話は聞きません。

玉川上水を自転車で_e0264942_23083649.jpg

玉川上水のすぐ北側には都道である五日市街道が通っています。
南側にも道がありますが、こちらは一方通行で、それも一定区間ごとに逆向きになるように指定されているので、車だと通り抜けができません。そのため絶好の自転車道となっています。

玉川上水を自転車で_e0264942_23105441.jpg

水路沿いに木々があり、道はところどころ日陰になるのでそれもありがたいです。

玉川上水を自転車で_e0264942_23112586.jpg

南側の道沿いは住宅街なので戸建て住宅やマンションが建っていますが、北向きにもかかわらず玉川上水の景色を眺めるための窓を設けている家がみられます。

玉川上水を自転車で_e0264942_23102676.jpg

夏の自転車は暑くて大変ですが、秋~冬~春と、自転車で玉川上水沿いを走るのは爽快です。

玉川上水を自転車で_e0264942_23114221.jpg

文・写真: 戸川理子/一級建築士

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ


# by jogikai | 2024-05-15 08:00 | 散歩・旅行 | Trackback | Comments(0)  

花のある暮らし

花のある暮らし_e0264942_23243655.jpg

リビングテーブルに飾った花

ガーベラ・カスミソウ・カーネーション・チューリップ

椿・桃の花の蕾は我が家の庭からいただいてきたものです。



11月~1月にかけて我が家の庭は花の少ない寂しい季節です。

それでも、寒い時期に咲く品種が多くある椿は愛でることが可能です。冬に咲く花は花弁が肉厚でしっかりしています。椿や蝋梅などは和室やお茶室に似合う花です。

レースのような華やかさのある花は4月~6月にかけて咲きますので、お庭から摘んできた花を活けるということができません。

暖色~中間色の色合いの花を飾ると、明るい気持ちになりますね!

そこで、思いついたのがスーパーでの見切り品のお花を購入して活けるということ。少し茎を多めに落としてあげると長持ちします。インターネットの普及で季節ごとのお花をネットから定期購入できたりするようですが、我が家は今のところこれで満足しています。


茎を多めに落としたお花は、イッタラのフラワーベースに活けます。北欧を代表する建築家アルヴァ・アアルトの作品で有機的な形状は湖の形や白樺の根本の断面など諸説があると云われているようです。

写真のようなフラワーベースの形状なので、茎の長さを不揃いにすると立体的にどの方向から見ても楽しめるように活けることが可能です。

枝に咲くお花は、HOYAの花瓶に。HOYAは日本の企業で光学機器・ガラスを製造しています。クリスタル事業からは今は撤退していますが。クリスタルのような透明度の高い美しいガラスを眺めているだけでも贅沢な気持ちになります。

活けてから3週間ほどは花持ちしますし、お花によっては1カ月持ちます。そして・・・何故でしょう?お花が食事や団欒の間にあると母との会話も弾みます。


文・写真:小林 輝子/小林輝子建築デザイン


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

※『女性建築技術者の会(通称:女技会)』とは、
建築に関連する様々な仕事を持つ女性が主体的に運営する任意団体です。
 女技会のホームページは→コチラ

# by jogikai | 2024-05-01 08:00 | 庭木 | Trackback | Comments(0)