人気ブログランキング |

   

七草

七草_e0264942_03502797.jpeg
1月7日は七草粥をいただきました。
母が、病院で検査だった為、お夕飯時に。

◆七草粥は、春の七草や餅などを具材とする塩味のお粥。
一年の無病息災を願って食べられているもので、祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも云われるとのこと。

そう、我が家の七草粥は、餅入りです。
母方の実家では、松の内の7日朝まで茹で餅を毎朝、いただく習慣があります。
子供の頃は、毎朝茹で餅をというのが嫌で、飽きてしまい、暫くは餅を食べたくなかったりしましたが、今は美味しくいただいています。

◆緊急事態宣言が発令されましたね。
建築現場は止めるわけにはいきませんが、都内での住宅相談業務のお仕事は、都内への出勤回数を減らし、本日から自宅での在宅勤務、オンラインに切替ります。

◆介護施設や病院でも、クラスターが発生していますが、医療従事者や介護職の方はお休みを取るわけにはいきません。本当に大変な事ですから、早めに落ち着くように協力しなくてはいけませんね。

◆住宅業界も影響が無いとは言えません。
昨年の6月にお引き渡しをした家では、洗面器が遅れて到着。今回は、便器が間に合いません。
そして、意外なことに、外構工事として行う、ポーチの土間が、コンクリート屋さんの手配がなかなか出来ずに、年を越しました。
1月下旬までには、コンクリートを打てますので、完了検査申請も行いました。

◆このままでは、飲食店の多くも、乗り切れない可能性もありますが、私も外での食事が減ったぶん、馴染みのお店でテイクアウトすることも増えました。
七草_e0264942_04180986.jpeg
お鮨屋さんでは、母の好きなネタを、入れてくださっていました。

◆高齢者で基礎疾患もある母の楽しみは、山登りに茶道のお稽古でしたが、この一年は徐々に引きこもるようになりました。
住宅のご相談をお受けしていても、高齢者のいらっしゃるご家庭は、そういうことが話題になります。
やはり、歩かないと、すぐに脚が弱くなってしまうとのこと。高齢者である親と子世帯が物理的距離を取りながら、心では繋がりを感じられる住まい。
なかなか、そうした間取りは難しいのですが、私の仕事部屋はリビングとダイニング脇にあります。
母の様子もわかりますし、外から直接部屋に入る事も出来ます。帰宅したら、着ていた衣類を全て脱いで、浴室でシャワー。着替えて母の居る部屋へ。

この生活が暫くは続きそうですが、一日も早く、安心して、自由になれる日が来る事を願っています。
七草の日に七草粥をいただきながら、家族の健康を祈りました。

アトリエきらら一級建築士事務所 小林 輝子

◆このブログは、女性建築技術者の会員が暮らしのことや何気ない日常のことなどを発信しています。

# by jogikai | 2021-01-08 03:47 | つくる・食べる | Trackback | Comments(0)  

仕事はじめ

仕事はじめ_e0264942_06521696.jpeg
侘助が玄関先に咲いています。
椿のなかでは小さく可愛らしい花を咲かせます。

茶花に使いますので、季節ごとに次々と色々な種の椿を愛でる事ができます。
最近、読んだ小説『散り椿』に出てくる椿は花弁が一枚ずつ散るという設定でしたが、椿は花そのものがぽたりと落ちます。
似た花に山茶花という植物がありますが、散り際で区別がつきます。

仕事はじめ_e0264942_07020183.jpeg

仕事はじめ_e0264942_07022637.jpeg
仕事始めは都内から。
交通機関で出勤します。進行しています住宅の設計現場監理も今週土曜日からです。
既存の住宅は、診断の結果、耐震性が確保できない建物として、補助金制度を活用し、建替えしています。
古屋を解体または、建替する予定の方は、管轄の行政の条例や助成金制度はホームページなどで、チェックしておくことをお勧めします。

アトリエきらら一級建築士事務所 小林 輝子

# by jogikai | 2021-01-04 06:51 | Trackback | Comments(0)  

謹賀新年

謹賀新年_e0264942_08082698.jpeg
令和3年 初日の出
土手で太陽が昇るのを待つ方々。
今年も昨年に引き続きソーシャルディスタンス。

新型コロナウイルスの流行から、生活様式が変化し働き方にも大きく影響した一年となりました。
そのなかで、人と人との繋がりの大切さを改めて感じる事が出来た年でもありました。

女性建築技術者の会有志のブログを立ち上げて8年になります。主に建築にたずさわる会員が所属しています。
私自身も建築設計事務所開設して11年になりますが、今年は仕事でもプライベートでも変化の年になりました。

コロナ禍のなか、心臓のカテーテルアブレーションで福島県にある病院が受け入れてくださり、長年主治医である循環器内科の先生に治していただきました。
施工会社さん、お施主様からも、元気になって、また家づくりを一緒に楽しみましょう!と言っていただいて。
色々な方々に支えられ、感謝の年でもありました。

埼玉での初日の出は、6:51
太陽が昇ると、あたりが急に明るくなり、背面には雪をかぶった富士山を見る事が出来ました。
謹賀新年_e0264942_09340695.jpeg
朝陽で雪が照らし出されて紅く染まっていますね。

時代の流れとともに、こちらのブログ発信の仕方は変わっていくのかも知れません。
このような時代だからこそ、人が暮らしていく上で、心地よく感じるコトやモノなど、感じ取って頂ければ幸いです。

皆さまにとって幸せとご健康に恵まれた一年になりますよう、お祈り致します。
今年も宜しくお願い申し上げます。

女性建築技術者の会 ブログ係 
アトリエきらら一級建築士事務所 小林 輝子

# by jogikai | 2021-01-01 08:07 | 女技会について | Trackback | Comments(0)