人気ブログランキング | 話題のタグを見る

   

付かず離れず暮らす家 ―85才の母と建て替え(その1)


「母が今後も元気で快適に暮らせる家を」と長男T夫妻からの依頼でした。

85才の母は一人暮らし。夫妻は母宅の近くで大量の蔵書に囲まれた生活をしていますが、この生活を保ちつつ母と付かず離れず、平日は新しい住まいで母親と暮らすことを決めました。

築54年の家は増築を重ね、間取りは入り組み、耐震補強や断熱工事などリフォームするには相当の費用が掛かるため、建て替えの選択をしました。

とは言え、新築住宅は、高齢者の心身には大きな負担です。できるだけ負荷が掛からないよう、お母様の活力の源である近隣やご友人のお付き合いが、これまで通り続けられるよう、外部への動線は変えないようにしました。

   

 玄関・アプローチ

付かず離れず暮らす家 ―85才の母と建て替え(その1)_e0264942_06493813.jpg

玄関は既存の家と同じ位置に。ご近所さんやお友達が訪ねやすいよう門扉や高い塀は設けません。近所に開かれた造りです。花の水やりをしながら道行く知人との交流を持続するよう植栽は、そのまま。


 縁側

付かず離れず暮らす家 ―85才の母と建て替え(その1)_e0264942_06502778.jpg

裏の方とは大の仲良し。おかずやお菓子を持って、行ったり来たり。塀と裏木戸は造り替え、楽しいおしゃべり用に濡れ縁を設けました。


打合せは入念に

設計課程では、お母様に窓や収納の大きさ・位置を原寸大で説明し、空間の理解に努めました。現場が始まると、できるだけ足を運んで頂き、職人さんと話したり、家が出来上がっていくプロセスを体感して頂きました。    

加部設計一級建築士事務所 加部千賀子 /  外観正面撮影:栗原宏光

# by jogikai | 2021-09-01 08:00 | 寄り添う・看る | Trackback | Comments(0)  

【後編】漆喰の話

部屋の中の壁・天井、外壁には昔ながらの漆喰仕上をお勧めしています。漆喰のメリット・デメリットを交えてお勧めする理由をお話します。今回はデメリットの話です。


漆喰のデメリット

①イニシャルコストのこと

ビニールクロスやサイディングに比べると、新築の際のイニシャルコストがかかります。しかしメンテンナンスを含めた家の生涯コストと比較すると割安です。例えばめくれてきたり、カビが生えたビニールクロスを10年に一度張り替える必要がありますが、一方で漆喰は生涯塗り替えの必要がありません。

②隙間のこと

漆喰は塗る時、大量の水を投入しますので、それが乾燥すると縮みます。木の柱や梁、木の枠と接してるところは必ず隙間ができます。漆喰の元である石灰があれば、これを水で溶いて筆で塗るだけで隙間は埋まります。小さな浮きやクラックも、業者を呼ばず、自分で直すことが出来ます。

②外部の汚れ

蜘蛛が漆喰の明るさを好むので、蜘蛛の巣がつきやすいです。その対策に「蜘蛛の巣キャッチャー」という商品があります。釣り竿のような棒で、電池式、先端が振動して蜘蛛の巣をまるで綿菓子のようにからめとってくれます。伸縮する棒なので高いところでも大丈夫です。

③施工の手間

クロスなどの乾式工法に比べて、漆喰を乾かすのに除湿器が必要です。乾いて固まるまで一週間くらいかかります。工程の調整を上手にする必要があります。


トータルで考えると、初期費用がかかりますが、メリットの方が圧倒的に大きいと思います。(詳細は前半をご覧ください。)

新建材の普及で、昔ながらの技術を持った左官職人が少なくなってきていることも問題です。

地球環境にも優しい素材である漆喰を残していきたいものです。

【後編】漆喰の話_e0264942_20044718.jpg
文・写真:松山千晶 / 一級建築士事務所 ゆくり設計室


# by jogikai | 2021-08-15 08:00 | 素材・仕上材 | Trackback | Comments(0)  

【前編】漆喰の話

部屋の中の壁・天井、外壁には昔ながらの漆喰仕上をお勧めしています。漆喰のメリット・デメリットを交えてお勧めする理由をお話します。


◆漆喰のメリット◆

①ナチュラルで本物の素材感

グリーンとの相性も良く、それだけでインテリアのグレードを上げてくれます。

②照明器具が少なくて済む

漆喰は固まっていく過程で結晶化します。光の入りにくい部屋でも、方解石の結晶が光を反射して、部屋全体が間接照明のようにぼんやり明るくなります。照明器具は少なくても大丈夫ですし、小さな窓でも十分明るさが確保できます。壁や天井に光が当たることによって漆喰の刷毛目が生み出す陰影は、それは美しいのです。

③冷暖房効率

漆喰を塗った夏の室内はひんやり、とっても涼しい。外壁に塗れば直射日光を反射してくれるので外壁温度がそれほど熱くならないのです。外気温35の時、集熱して蓄熱してしまうサイディングの壁は60近くになることがありますが、漆喰の外壁は気温と変わらず。室内にも熱が入りにくいのです。

④湿度調整

雨の日も、吸湿してくれるので部屋の中がジメジメしません。さらっとして、とても快適です。部屋が乾燥してくると逆の作用でゆるやかに壁体から水分を放出してくれます。

⑤匂い対策

気になる部屋の匂いもとってくれます。家の中で焼肉をした次の日にお客様がいらしても、まったく安心です。ペット、タバコの匂いにも有効です。

⑥火災に強い

お城や蔵など、昔ながらの建物に漆喰を使っているのは、漆喰が火に強いから。バーナーであぶっても表面が茶色く焦げる程度で火は消えます。ビニールクロスなどの石油製品は燃えると有害なガスが出ます。火災の時そのガスを吸って意識を失い、逃げることが出来ずに亡くなる人が多いのだそうです。

⑦良い菌が住み着く

昔から酒蔵や醤油蔵の壁は漆喰です。漆喰の空間では匂いや汚れの原因になる腐敗菌よりも発酵に有効な麹カビや酵母が育ちやすいのだそうです。

悪いカビが全く生えない訳ではないです。インフルエンザウイルスに強い!などの記事も見ますが、私は漆喰の家に住んでいてもインフルエンザになりました。インフルエンザに関しては、食事と睡眠をしっかりとって免疫力を高めることや日々の手洗いやうがいなどが重要だと思います。

⑧リフォームの回数が減る

漆喰は一度塗ると、ほぼ家の生涯年数くらい塗り替えをしなくても大丈夫です。10年に一回クロスを張り替えるなら、その二回分くらいの金額で施工できます。

⑨メンテナンスが楽

漆喰は静電気を帯びない素材です。ビニールクロスのように、静電気で汚れを集めてしまって黒く汚れることはありません。
でも、刷毛目の上に埃が積もってしまうことがあります。その時は、逆に静電気の力を利用します。市販のビニール手袋を手に付けて、ささーっと漆喰の壁の上を滑らせたら、埃はビニール手袋が静電気で持って行ってくれます。


前半では漆喰のメリットを中心にお話しました。次回、後半では逆に、漆喰のデメリットをお話します。

【前編】漆喰の話_e0264942_19504796.jpg
文・写真:松山千晶 / 一級建築士事務所 ゆくり設計室


# by jogikai | 2021-08-01 19:54 | 素材・仕上材 | Trackback | Comments(0)