人気ブログランキング | 話題のタグを見る

   

収納力

収納力_d0267149_1291069.jpg収納力_d0267149_11265533.jpg収納力_d0267149_11271970.jpg

収納力_d0267149_11274123.jpg

























収納。。
住宅や生活を考えるときに大事な要素であることは
間違いありません。
収納に関する本もたくさん出ていて、スペシャリストの方も
たくさんいらっしゃいますよね。
もちろんある程度の容量を確保しなければいけないということは
あるのですが、でも収納スペースをたくさんとったからといって
スッキリと住めるということにはなりません・・・でした。

たくさんスペースがあると、要らないけどいつか使うかも、一応。。。
というものがどんどん増えてくる。
キャパいっぱいになるまでの時間稼ぎになるだけ。
その都度これは本当に必要かそうでないのかという判断をするのが
つらくて、一応。。となってしまうんですよね。
結果、膨大な量の不要なものを溜め込むことになってしまうので
最近は収納スペースはある程度絞った方がいいのではと
思ったりします。
こまごまと収納グッズを買い込んでいかに小さな面積のスペースに
物を詰め込むか、みたいな提案も雑誌で目にしたりしますが
これはあまり意味がないような。。。気がします。。。
多分多くの方がわかっていらっしゃることだと思うのですが、
やはり必要・不要をシビアに判断し、
物を増やさないということしかないと思います。
最近は「断捨離」という言葉もよく目にしますが。

以前に裂き織り作家の梅原和香さんのお宅を雑誌で拝見したのですが
収納の技術というよりセンスがやはりすごいなあと思いました。
何が必要なのかとか物のよさを見極める目とか何が本当の贅沢なのかとか。
とにかくクローゼットも食器棚の棚もスカスカでした。
クローゼットの棚はお店のように間を空けて洋服がたたんで置いてあり、
一目でどこに何があるかわかってとにかく美しいのです。
食器棚も器をあまり重ねずにやはり「間」をとってある。
器の素敵さが際立ち、うっとり眺めてしまう、という感じ。
多分、物を増やさない努力もされているでしょうし
この状態をキープするのはかなりの精神力が必要だと思います。
実際梅原さんもその雑誌の中で、人生の半分を整理に費やしている、
というようなコメントをされていたような気がします。

片付けの作業をしている時に感じるのですが、
片付ける・収納するというのは物を造る感覚と同じだと思います。
きれいにして素敵な空間を造りだす。
何か裁縫でもなんでも物を作っている時は完成形が楽しみで
それに向かって作業すると思うのですが、それと同じです。
片付いたとき、完成品がより魅力的に見えるように(労力対効果UP)
自分の本当に好きなもので周りは固めておこう。
クローゼットの中もたとえばハンガーは統一して、
美しく見えるようになると片付け甲斐がありますよね。
家を造る側も、納戸だからと収納量さえ確保できればと思いがちですが、
ここも気を使って造ると住まい手さんも自然に美しい収納ができそうです。

・・・と偉そうに言いましたが、、
ついついクリーニング屋さんのハンガーをそのまま使い
いつ使うかわからない紙袋や空き箱をストックし、
そして私はよく探し物をしている。。。(汗)
でも、でも?あまりにきれいすぎると和めないし~、と言い訳しつつ
気持ちがいいと思える程度に適度に整理整頓を心掛けたいですね。
年末の大掃除、がんばりましょう。。。


平間千恵子

# by jogikai | 2012-12-12 13:33 | 出す・しまう | Trackback | Comments(0)  

地域で子どもを育てる

私が住んでいる横浜市青葉区。近所の公園内の集会所を設計させていただいた事がきっかけで最近、地域と楽しく関わる機会が多くなり、いろいろ今まで知らなかったことに気がつきました。
行政が子育て支援に動いてくれていたことも初めて知りました。
市立保育園の保育士が月に1回(春〜秋の期間)公園に出張し、遊びの会を開く催しもその一つ。
横浜市(青葉区子ども家庭支援課)が主催する「青空おでかけパーク」で、対象は近隣地域の未就園児(幼稚園に入る前の年齢の子ども)と保護者。
横浜市は拠点公園をもっと増やしたいそうですが、地域にお世話役の担い手が見つからないなどで、なかなか難しいとの事。
地域で子どもを育てる_e0264942_639215.jpg
                ベビーカーが並ぶ集会所(平津SUNサロン)入口
                         
かつて私も子育て中、「昔に比べたら便利になり、暮らしは楽になったはずなのに、なぜ子育てはこんなに大変なの!」と思ったものです。
考えてみたら自分が子どもだった時はいつも家のすぐ外に居場所がありました。親が出かけていても、道に出れば誰かがウロウロしていて、遊びの計画がすぐたちました。隣のおじさんおばさんにも、かわいがってもらいました。今振り返ると、近所が子育ての味方だったのです。
(そのあたりの事情は女技会の著書「アルバムの家」にも書かれていますね!)

今も、働く親には保育所という強い味方がいますが、しんどいのは親元を遠く離れ、家庭で子育てしている核家族の母親たちだと思います。何でも手に入るようになった今、
一番難しいのが地域で子どもを育てる事だと感じています。

子育てという大切な仕事を引き受けている親たちを孤立させない鍵は地域にある、何か手伝えないものかと思いましたが・・・地域との関わり方がわからずにいました。
集会所が出来る前から、前任の自治会長の熱意で「青空おでかけパーク」がこの公園で開催されていたそうです。家の近くにも子育て支援の手が届いている事を全く知りませんでした・・・
少しですがお手伝いする事ができるようになり、願いがかないました。


地域で子どもを育てる_e0264942_6412345.jpg集会所が建つ前は、「青空おでかけパーク」は雨がふれば中止、終了後はさっと解散していました。
集会所ができ前半は屋外、後半は室内遊びという企画になったら、終了を待ちかねて子ども達はぱっと公園に飛び出して行きます。お母さんたちは外で遊ぶ子どもを交替で見ながら室内に残り、子育て情報交換や交流に話の花を咲かせる事ができるようになりました。 
地域で子どもを育てる_e0264942_6434255.jpg
  保育士さんの読み聞かせ

今まで若い親子しかいなかった公園に大人が集まる場所が出来た事で、花壇や庭木の手入れ、手仕事の会など、少しづつ世代を超えた地域の大人の輪も生まれてきました。
横浜市の子育て支援を支える「地域の受け皿」が育ちつつある〜のです。

公園が老若世代の交流の場になり、
豊かな地域の芽がゆっくり芽吹いたらと、夢は広がります。

  西岡麻里子

                      

# by jogikai | 2012-11-29 08:33 | 育てる(ひと・動物・植物) | Trackback | Comments(0)  

障子の穴

ついこの間まで「暑い!暑い!」と言っていたのに、
気付けば今年もあと2ヶ月ですね・・・。
その事実に愕然としているナカムラです。

さて、我が家には家族室に障子があります。
先日、我が家の駄犬に「ごろん」をさせたところ
勢い余って、見事にその足が障子をずぼっと破りました。

・・・

ものぐさな私は張替えするほどの気力もなく、
そこだけ穴をふさごうと思いました。
障子紙をいろんな形に切って貼る・・・という昔ながらのやり方もありますが
今回は家にあった和紙で穴をふさぐことにしました。
障子の穴_e0264942_11595240.jpg


ついでに以前、ニンゲンが空けてしまった小さな穴も補修。
障子の穴_e0264942_12043.jpg


なかなか、いい感じになったと自画自賛。

そして、同じようなことを考えている方も他にいました。
15年前、設計を担当させていただいたSさん宅の障子です。
障子の穴_e0264942_120409.jpg


きれいな包装紙が貼ってありました。
旅の思い出にもなるとのこと。
こう見ると、包装紙もいいデザインのものがあるんですね。
おもしろい♪

障子というと張替えが面倒という理由で、採用を見送る方が多いですが
障子は空間を落ち着いた雰囲気にしてくれるだけでなく、
断熱効果も高い、優れた建具です。
毎年張り替えなくても大丈夫(※感じ方に個人差がありますw)
こんな風に自分なりに楽しんでみてはいかがですか?

(中村 聖子)

# by jogikai | 2012-11-10 12:26 | Trackback | Comments(0)